このジョブ登録・参加利用規約(以下「本規約」といいます。)は、カラフルキャスティング株式会社(以下「弊社」といいます。)がその運営する「カラキャス」と称するアプリケーション(以下「本アプリケーション」といいます。)上で提供するサービスを通し、イベント、キャスティング、及びプロモーション(以下「ジョブ」といいます。)に関して適用される約定等を定めるものです。

第1章 総 則

1条(本規約の適用)

本アプリケーション上においてジョブを主催し、又はジョブに参加若しくは応募した全ての会員は、本規約の内容を承諾したものとみなされ、本規約の適用を受けることとなります。

2条(定義)

本規約で使用される用語の意味は、弊社のアプリケーション参加利用規約第2条に定める定義に従うものとします。ただし、同規約第2条第12号は除きます。

3条(個人情報漏洩の禁止)

クライアントは、ジョブに応募したキャストに関する一切の個人情報について、当該キャストの事前の承諾なくいかなる第三者にも開示又は漏洩してはならないものとします。

4条(個人情報・登録情報の取扱い)

弊社が取得した会員の個人情報又は企業情報に関する取扱いについては、別途定めるプライバシーポリシーに従って管理するものとします。

第2章 イベント

5条(イベント主催者のイベント登録等)

1 イベントの主催者たるクライアント(以下「イベント主催者」といいます。)は、弊社が定める方法によりイベント情報を本アプリケーション上に掲載することが出来、その掲載が完了した時点で当該イベント主催者と弊社との間で当該イベントに関するシステム利用契約(以下「イベントシステム利用契約」といいます。)が成立したものとみなされます。

2 会員は、各イベント主催者が本アプリケーション上に掲載したイベントへのエントリー、及び投票行為をすることが出来ます。また、会員以外の人はイベント内に掲載された情報の閲覧のみ行うことができます。

3 イベント主催者は、第1項の掲載完了後であっても、当該イベントを変更又は取り消すことができます。この場合、当該イベントの変更又は取消しによってイベントにエントリーした会員等の第三者に損害が生じたときは、イベント主催者は当該第三者への損害を賠償しなければなりません。

3 前項にかかわらず、イベント主催者は、イベントの条件、内容等をイベントにエントリー等した会員に不利に変更することのないように努めなければなりません。

6条(イベント契約に基づく利用料等)

1 個別のイベント契約が成立した時点で、当該イベント主催者は、弊社に対し、イベントシステム利用料として以下のとおりの金額を支払うものとします。

 (1) イベント終了までにアプリ内投票審査が1回のみ行われるイベントについては、3万3000円(消費税込)

 (2) イベント終了までに複数回のアプリ内投票審査が行われるイベントについては、下記の計算式により得られる金額(消費税込み金額)

  3万3000円+(アプリ内投票審査が行われる回数-1)×1万1000円

2 前項のイベントシステム利用料は、イベント主催者がそのイベントを主催した目的を達することが出来ずに取消し、又は終了若しくは中止した場合であっても、返還されません。

3 第1項のイベントシステム利用料については、弊社が指定する請求代行会社又はクレジットカード会社をとおしてイベント主催者に請求され、イベント主催者はその手続きに応じて支払うものとします。

7条(弊社によるイベントの取消し等)

1 弊社は、イベント主催者が本アプリケーション上に掲載したイベントの内容が本アプリケーションの利用目的に適さないと判断した場合は、当該イベントを取り消すことができます。なお、弊社によるイベントの取消しについては、何人も異議を申し立てることは出来ません。

2 前項の場合、弊社は当該イベント主催者へ当該イベントを取り消した旨の通知を速やかに行うとともに、本アプリケーション上で取り消した旨を表示します。

3 第1項にかかわらず、弊社はイベント主催者に対し、相当期間を定めてイベント内容の変更を求めることができます。

8条(イベント参加者)

1 会員は、本アプリケーション上にイベント主催者が掲載したイベントに関し、当該主催者が定めた条件でイベントへのエントリー及び投票行為をすることができます。会員以外の人は、当該イベントで掲載された情報の閲覧のみすることができます。

2 イベント参加者(イベントにエントリー又は投票行為をした会員をいいます。以下同じ。)は弊社に対し個別のイベントに参加したことに関し利用料等の金銭を支払う義務は負いません。

3 イベント参加者は、当該イベントにおいてイベント主催者及び他のイベント参加者に対し、公序良俗に反する言動や困惑させるような言動をしてはなりません。

9条(参加権利の転売等の禁止)

1 イベント参加者は、主催者の承諾なく、イベント主催者から付与された参加権利を第三者へ譲渡すること、又はインターネットオークション等へ出品する等の転売を試みること、若しくは転売や譲渡を前提にエントリーをすることをしてはなりません。

2 前項の事由が発生した場合、弊社の判断で、イベント参加者の参加権利を無効とする措置を講じることがあります。なお、何人もこの弊社の措置に対し異議を申し立てることはできません。

10条(イベントの著作物等に対する権利)

1 イベントに含まれる一切のノウハウ、アイデア、手法、その他の情報、イベントにおいて提供される教材、書籍及びビデオその他一切の著作物、並びにその他イベントで使用される一切の名称及び標章(以下併せて「イベント著作物等」といいます。)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利はそれぞれについて著作、作成又は考案した者に帰属するものとし、イベント主催者及びイベント参加者は、これらの権利を侵害する行為を行ってはなりません。

2 イベント参加者は、イベント著作物等をイベント参加の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、イベント参加者個人の私的利用の範囲内でのみ使用するものとし、また、第三者に対して頒布(ただし、本アプリケーション上のシェア機能を使用する場合を除きます。)、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。

3 イベント参加者は、イベント主催者が別途明示的に許可する場合を除き、録音、録画、撮影その他いかなる方法又は媒体を用いるかを問わず、イベント内容を記録することは出来ないものとします。

4 イベント参加者は、イベントの参加に際して、他の参加者から取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示又は漏洩してはならないものとします(ただし、本アプリケーション上のシェア機能を使用する場合を除きます。)。なお、弊社はイベント参加者による他のイベント参加者の個人情報の取扱いに関して一切の責任を負わないものとします。

11条(録音・録画・撮影記録の使用)

1 弊社は、イベントにおいてイベント主催者が行った録音・録画・撮影記録及びイベント参加者が本アプリケーション上にアップした写真、動画その他の電磁的記録を、弊社における本イベントの記録及びその他の商業上の目的のために使用することができるものとします。

2 イベント参加者が、肖像権を理由に、イベントで行った録音・録画・撮影記録の商業上の目的のために使用することを拒む場合は、事前にその旨を主催者に申し出なければなりません。

12条(参加資格の停止・取消し)

1 イベント参加者が以下の各号のいずれかに該当する場合、弊社は、事前に通知することなく、当該イベント参加者の参加者資格を停止又は将来に向かって取り消すことができるものとします。

 (1) イベントへのエントリーにおいて、虚偽の申告を行ったことが判明した場合

 (2) イベント内容を適切に理解できない可能性がある場合、もしくは主催者がイベントの参加者としての適格性に欠けると判断した場合

 (3) 営利又はその準備を目的とした行為、その他主催者が別途禁止する行為を行った場合

 (4) イベント参加者に関して破産手続開始申立て、民事再生手続開始申立て、会社更生手続開始、特別清算手続開始その他の債務整理の手続開始の申立て又は開始があった場合、若しくは参加者が後見開始、保佐開始又は補助開始の審判を受けた場合

 (5) 本規約に反した場合

 (6) その他参加者として不適切と弊社が判断した場合

13条(イベントの中止、中断および変更)

1 弊社は、イベントの運営上やむを得ない場合には、参加者に事前に通知なく、イベントの運営を中止、中断又は変更できるものとします。

2 天候、転変地変、自身、災害等の状況により、当日開催を中止することがあります。その際は、イベント主催者よりイベント参加者へ連絡するものとします。


14条(イベント参加者の権利放棄

イベント参加者の都合により、イベントサービスの一部を受領しなかったとき、又は途中離脱された場合は、イベント参加者の権利放棄とみなし、イベント主催者及び弊社は一切の義務を負わないものとします。

15(イベントの賞品等の給付方法等)

1 イベントにおいてイベント参加者へ提供される賞品、賞金、若しくは権利(以下「賞品等」といいます。)については、当該イベント主催者から賞品等を受領する権利を有するイベント参加者へ直接に送付ないし送金されるものとします。

2 弊社は、前項の賞品等の送付ないし送金について一切の責任を負うものではありません。

3 イベント参加者は、イベントに関して弊社へ報酬その他の金銭等の支払いを請求することはできません。

第3章 キャスティング

16条(クライアントによるキャスティングの利用)

1 クライアントは、弊社の定めた方法により本アプリケーション上にキャスティングの情報を掲載することができます。

2 アプリケーション登録利用規約第11条1項により弊社とクライアントとの間でキャスティング媒介契約が成立した場合、当該クライアントは弊社に対し、以下のとおりの金額のシステム利用料を支払うものとします。

 (1) キャスティング1件につき、当該キャスティングで採用した全キャストへの報酬の合計額の11パーセントに相当する金額(消費税込み金額)

 (2) 当該キャスティングで採用されたキャストの人数が9人以下の場合であって、前号に基づく金額が6,600円に達しないときは、6,600円(消費税込み金額)

 (3) 当該キャスティングで採用されたキャストの人数が10人以上の場合であって、第1号に基づく金額が3,300円に達しないときは、3,300円(消費税込み金額)

3 前項のシステム利用料は、弊社が指定する請求代行会社又はクレジットカード会社をとおしてイベント主催者に請求され、クライアントはその手続きに応じて支払うものとします。

4 前項のシステム利用料と併せて、弊社はクライアントがキャストへ支払うべき報酬額についても請求するものとします(キャストへの報酬はクライアントから弊社へ支払われた後に弊社からキャストへ支払われます。)。

17条(キャストによる業務の遂行)

1 キャスティングに応募してクライアントから採用されたキャストは、責任をもって当該キャスティングの内容となっている業務を遂行するものとします。

2 キャストは、当該キャスティングの業務に関し、業務日直前でのキャンセル、遅刻、業務命令への不服従等、業務の受託者として社会通念上不相当とされる言動をしてはなりません。

3 キャストが前項に違反した場合、クライアントは当該キャストに対する報酬を減額することができます。

4 前項の場合、当該キャストの違反に起因して弊社がクライアントから受領できるシステム手数料が減額されたときは、弊社は減額された金額を当該キャストに対して損害賠償請求できるものとします。ただし、この損害賠償請求は、他の損害について第28条による損害賠償請求をすることを妨げるものではありません。

5 弊社は、第2項に違反したキャストについて、違反事実を全クライアントへ本アプリケーション上の評価等をとおして情報提供する等の適宜の措置をとることができます。

18条(クライアントから弊社へのキャストの報酬の支払い)
1 クライアントは、キャスティングにかかる業務を行ったキャストに対する報酬に相当            する金銭を、第16条2項のシステム利用料と併せて弊社へ支払うものとします。

2 弊社は、前項によりクライアントからキャストへの報酬額を受領した後、各キャストからの報酬振込申請により各キャストへ報酬を支払うものとします。なお、クライアントはキャスティングの情報で本アプリケーション上に掲載したとおりの金額に基づく報酬額を支払わなければなりません。

3 前項にかかわらず、クライアントは、キャストについて報酬を減額できる法律上の事由が存在するときは、民法その他の法律に違反しない範囲で報酬を減額することができます。ただし、クライアントが報酬を減額するときは、その事由及び減額する金額を弊社及び対象となるキャストの双方へ本アプリケーション上のチャット機能等により通知するものとします。

19条(クライアントから弊社への支払時期等)

1 クライアントは、前条の報酬相当額及びシステム利用料を、当該キャスティングの業務が終了した日が属する月の翌月の末日までに、弊社へ支払うものとします。この場合、弊社は請求代行会社ないしクレジットカード会社を通して請求書を発行します。

2 クライアントは、本アプリケーション上に掲載した個々のキャスティングに係る業務が終了したときは、直ちに当該キャスティングの業務が終了し業務内容が確定した旨を、本アプリケーション上の手続・操作方法に従って弊社へ通知・連絡しなければなりません。

3 当該キャスティングに関し本アプリケーション上に掲載された情報で業務の終了予定日とされている日(以下「終了予定日」といいます。)が経過したにもかかわらず、クライアントが前項の通知・連絡を怠った場合、弊社は本アプリケーション上の機能により当該クライアントへキャスティングに係る業務が終了・確定したか否かの問合せをすることができます。

4 弊社から前項の問合せがあったにもかかわらず当該クライアントが問合せから7日を経過しても何らの回答をしない場合、及び、当該キャスティングの業務が終了しているにもかかわらずクライアントが同業務が終了していない旨の回答をした場合は、当該キャスティングの業務は終了予定日に業務が終了・確定したものとみなされます。この場合、当該クライアントは、終了予定日の属する月の翌月末日までに、当該キャスティングにかかる報酬相当額及びシステム手数料を弊社へ支払わなければなりません。

20条(弊社からキャストへの報酬の振込み)

1 弊社は、クライアントがキャスティングによる業務を行ったキャストに対し支払うべき報酬について、クライアントから同額の振込みを受けた後、当該キャストからの報酬振込申請を受けた後3営業日以内に、当該キャストが弊社へ申告した報酬の振込み先の預金口座へ振り込むものとします。

2 キャストは、弊社が本アプリケーション上で定める方法により、キャスティングによる報酬の振込み先となる自身の口座情報、及び身分証のデータを弊社に届け出るものとします。

3 第1項により弊社からキャストへ報酬額を振り込む際には、所得税法その他の関係法令及び通達の定めに基づく源泉徴収所得税及び消費税の扱いは、以下の各号に定めるとおりとします。なお、以下の各号に加えて弊社から各キャストへの1回の報酬振込申請につき一律500円の振込手数料を控除した残額を振り込むものとします。

 (1) 報酬を受領するキャストが法人の場合は、源泉徴収所得税は控除せずに報酬額に消費税を加算した金額を弊社から振り込みます。

 (2) 報酬を受領するキャストが個人であり、かつ、免税事業者の場合は、報酬額に消費税は加算せずに源泉徴収所得税額を控除した金額を弊社から振り込みます。

 (3) 報酬を受領するキャストが個人であり、かつ、課税事業者の場合は、報酬額から源泉徴収所得税額を控除したうえで報酬額に対応する消費税額を加算した金額を弊社から振り込みます。

4 弊社から報酬を受領する際に源泉徴収所得税の控除を受けたキャストは、本アプリケーション上で自身の報酬から控除された源泉徴収所得税の金額を確認することができます。

21条(報酬振込申請)

1 前条1項のキャストから弊社への報酬振込申請は、当該報酬にかかるキャスティングの業務が終了した日が属する月の翌月の末日から起算して10日を経過した日以後に行うことが出来るものとします。ただし、当該報酬にかかるキャスティングのクライアントが当該報酬額を支払期限までに弊社へ支払わなかった場合は、同クライアントが同報酬額を弊社へ支払った日から起算して10日を経過した日以後にキャストは報酬振込申請を行うことができるものとします。

2 前項にかかわらず、当該キャスティングにかかる業務が終了したにもかかわらずクライアントが第19条2項に基づく弊社への当該キャスティング業務の終了・確定の連絡・通知を怠り、同連絡・通知の日が業務終了日が属する月の翌月以降になった場合には、キャストから弊社への報酬振込申請は、当該連絡・通知をした日が属する月の翌月末日から記載して10日を経過した日以後に行うことが出来るものとします。

3 第1項の報酬振込申請は、前項ただし書の場合を除き、当該報酬にかかるキャスティングの業務が終了してから1年以内に行うものとします。

22条(キャストからクライアントへの請求)

キャストは、キャスティングによる報酬をクライアントへ直接請求することは出来ません。ただし、クライアントが当該報酬にかかるキャスティングの業務が終了した日の属する月の翌月の末日までに弊社へ当該報酬に相当する金銭を支払わなかった場合は、キャストからクライアントへ直接報酬請求することが出来るものとします。

23条(クライアントの違反行為に対する措置)

クライアントが以下の各号のいずれかの場合に該当したときは、弊社は全キャストに対して違反事実を公表する、あるいはクライアント登録を抹消する等の適宜の措置を講じることができます。

(1) 前条に違反してキャストに対する正当な報酬を支払わない場合

 (2) 事前に本アプリケーション上に掲載したキャスティングの情報と異なる業務をキャストに行わせた場合

 (3) キャストに対してパワハラ行為又はセクハラ行為若しくはその他のハラスメント行為を行った場合

 (4) その他民事法上または刑事法上違法とされる行為を行った場合

24条(キャスティングの成果物等に対する権利)

キャスティングにかかる業務の遂行により作成された写真、動画、電磁的記録、ノウハウ、アイデア、手法、その他の情報についての一切の知的財産権は全てクライアントに帰属するものとし、キャストはこれに同意します。ただし、クライアントが個別にキャストに帰属する知的財産権として認めたものはこの限りではありません。

25条(電磁的記録の使用)

1 弊社は、キャスティングにおいてクライアント又はキャストが本アプリケーション上にアップした写真データ、動画データ、音声データ、及びその他の電磁的記録を、弊社における本キャスティングの記録及びその他の商業上の目的のために使用することができるものとします。

2 キャストが、肖像権を理由に、イベントで行った録音・録画・撮影記録の商業上の目的のために使用することを拒む場合は、事前にその旨を主催者に申し出なければなりません。

第4章 損害賠償

26条(免責条項)

1 会員は、自己の責任でジョブに参加ないし応募するものとし、クライアントとキャストとの間でいかなるトラブルが発生したとしても弊社は損害賠償責任を含む一切の責任を負いません。

2 ジョブが取消し又は中止され、若しくはクライアントが途中でジョブの内容を変更したこと等によってジョブの参加者ないし応募者にいかなる損害が生じたとしても弊社は一切責任を負うものではありません。

3 通信回線やコンピューターシステム等のトラブルにより、クライアントがジョブの内容を掲載できない場合やジョブの参加者ないし応募者その他の第三者が適切にジョブに参加ないし応募できなかった場合において、これらの事由によりクライアント又は第三者に損害が生じたとしても、弊社は一切の責任を負わないものとします。

27条(クライアントの責任)

1 クライアントが、ジョブに起因または関連して、弊社に対して損害を与えた場合、当該クライアントは、一切の損害を賠償するものとします。

2 イベント開催中(集合場所から解散場所まで)の自動車・電車やバスなどの交通機関に関する事故に起因して損害が発生した場合、弊社は、当該損害の一切について免責されることとします。

28条(キャストの責任)

キャストの故意又は過失、法令又は公序良俗に反する行為、若しくはキャストがクライアントとの約定を守らなかったことにより弊社が損害を被った場合は、当該キャストは弊社に生じた一切の損害について賠償する義務を負います。

第5章 規約の変更

29条(本規約の変更等)

1 弊社は、会員に通知を行うことにより、本規約の変更又は細則の制定をすることが出来るものとします。

2 前項により本規約の変更又は細則が通知された後に、会員がイベントを登録又は参加した場合には、当該会員は当該変更又は細則の内容に同意したものとみなされ、当該変更又は細則は、本規約の一部を構成するものとして、会員に適用されます。

TOP